June 26, 2012 / 6:03 AM / 6 years ago

一体改革関連8法案が衆院通過、消費増税法案への民主反対57票

[東京 26日 ロイター] 衆議院は26日午後の本会議で、社会保障と税の一体改革関連8法案の採決を行い、民主、自民、公明など与野党の賛成多数で可決した。

6月26日、衆議院は午後の本会議で、社会保障と税の一体改革関連8法案の採決を行い、記名投票となった社会保障制度改革推進法案は賛成378票、反対84票で可決された(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

8法案のうち、記名投票となった社会保障制度改革推進法案は賛成378票、反対84票、認定子ども園法案は賛成377票、反対85票、消費増税を含む税制抜本改革法案は賛成363票、反対96票で可決された。

NHKによると、消費増税を含む税制抜本改革法案への民主党内からの反対は57票あった。鳩山由紀夫元首相は採決後、「この数字は重い数字だ。執行部は真剣に考えないといけない」と語った。

石原伸晃自民党幹事長は、投票結果を受けて「(民主党は)ガバナンスのない政党だ」と批判。参議院での審議に向けて、「60人近い方が反対されたままで、参議院で(法案が)可決できるのか。そこをしっかり見て、ただすべきことはただしていくことになる」と語った。

衆議院の会派別所属議員数は、民主党・無所属クラブ289、自由民主党・無所属の会120、公明党21、共産党9、新党きづな9、社会民主党・市民連合6、みんなの党5、国民新党3、新党大地・真民主3、たちあがれ日本2、無所属12、欠員1。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below