January 11, 2013 / 12:16 AM / 7 years ago

事業規模20.2兆円の緊急経済対策を決定、赤字国債発行は見送り

[東京 11日 ロイター] 政府は11日、事業規模20.2兆円、真水10.3兆円の緊急経済対策を決定した。「長引くデフレ円高からの脱却が決定的に重要」(安倍晋三首相)との認識で、物価目標の設定を含む大胆な金融政策を日銀に要請、財政出動による防災・減災などのインフラ整備や成長に資する企業支援策などを通じ、雇用の拡大と所得向上を狙う。公共事業拡大に伴う財政への不安に対し、安倍首相は「財政規律は極めて重要」との認識を示し、基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化を目指すと明言した。

1月11日、自民公明両党は与党政策責任者会議を開き、緊急経済対策を正式に了承した。2010年9月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

麻生太郎財務相は、今回の補正予算編成で必要となる追加の国債発行に関して、赤字国債は発行しないと述べた。

<リーマンショック時除けば史上最大規模、為替安定の施策も>

安倍首相は今回の経済対策について記者会見で「従来とは次元の違うレベルで一体かつ強力に実行する政策パッケージの第1弾だ」と説明。「補正予算による財政支出13兆円、事業規模20兆円超の対策は、リーマン(ショック)後の臨時異例の対応を除けば史上最大規模だ」と強調した。経済対策の効果は国内総生産(GDP)を2%押し上げ、60万人分の雇用を創出するという。

経済対策は「復興・防災対策」、「成長による富の創出」、「暮らしの安心・地域活性化」が重点3分野となる。とくに「成長による富の創出」として、設備投資を後押しする税制措置を盛り込んだほか、研究開発プロジェクト推進、日本政策投資銀行におけるファンド創設、最新設備・生産技術導入の金融支援などを盛り込んだのが柱。イノベーションや需要の創出で雇用と所得を拡大する狙いがある。

安倍首相は会見で「企業の収益を向上させて、雇用や賃金拡大につなげたい」と語り、企業経営者にも協力を求めた。

デフレ・円高からの脱却に向けて「大胆な金融緩和が不可欠」(首相)との認識の下、政府と日銀の連携を強化する仕組みを構築し、明確な物価目標の下で積極的な金融政策を行っていくことを日銀に強く期待すると明記した。

国際協力銀行(JBIC)出資による海外展開支援のためのファシリティ創設やESM債購入、外為特会を活用した為替安定に資する施策の検討も盛り込んだ。

<財政規律に配慮、補正後の公債発行は50兆円近くに>

経済対策での国の財政支出10.3兆円のほぼ半分が公共投資に充てられることになるが、安倍首相は「安易なばらまきではないと明確にしておきたい。費用と効果の比較も見えるようにしていく」と語った。さらに、「強い経済の再生なくして財政再建も日本の将来もない」との考えを示す一方で、「いつまでも財政で需要を作り続けることはできない。日本経済再生と中長期的に持続可能な財政の双方を実現する道筋をつけていきたい」と語り、中長期的な財政健全化に配慮する考えを示した。

甘利明経済再生担当相も閣議後の会見で、年央に策定する「骨太の方針」で短期と中長期の整合性のとれた財政健全化目標を示す考えを示した。

麻生財務相も13年度予算について「自民党の中期財政計画を腹にすえて編成していく」考えを明らかにした。自民党の中期財政計画では、財政健全化目標として2015年度の基礎的財政赤字半減と20年度の黒字化を掲げている。

麻生財務相はまた、補正予算編成に伴う追加の国債発行は「5兆円程度」になるとした。対策に伴う財政支出10.3兆円に基礎年金国庫負担2分の1分などの2.8兆円を加え、補正予算規模は13.1兆円程度となる見込み。税収の上振れ0.3兆円程度、国債利払い費の不用分など既定経費の減額1.7兆円程度、11年度決算剰余金の余り約2兆円等を財源に充てるが、それでも賄えない5.2兆円程度は国債を増発して充当する見通し。補正後の12年度公債発行は、民主党政権で財政規律の指針として掲げた「44兆円」枠を突破し、50兆円の大台に迫る。ただ、麻生財務相は「赤字国債は発行しないで済む」と述べた。

政府は週明け15日に補正予算を閣議決定し、月末召集の通常国会に提出する。

(ロイターニュース 石田仁志、吉川裕子、伊藤純夫:編集 吉瀬邦彦)

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below