February 28, 2013 / 2:13 AM / 5 years ago

政府が黒田日銀総裁と岩田・中曽副総裁を正式提示、野党に容認論も

[東京 28日 ロイター] 政府は28日、衆参の議院運営委員会理事会に、次期日銀総裁として黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁、副総裁に岩田規久男・学習院大教授と中曽宏・日銀理事(国際関係統括)を候補者とする人事案を正式に提示した。

参院で多数を握る野党間で正副総裁の評価に違いは見られるものの、現状では可決の公算が高まっている。衆参両院は候補者からの所信聴取を来週中に行う方向で調整しており、それを踏まえて各党は最終的に賛否を決める。

現在の日銀正副総裁は3月19日にそろって退任する。黒田氏は白川方明総裁、岩田氏と中曽氏は西村清彦、山口広秀の両副総裁の後任となる。日銀正副総裁人事は衆参両院の承認が必要だが、順調に進めば、内閣の任命を経て同20日にも日銀新体制が発足する見通しだ。

<黒田総裁に民主は容認論優勢>

人事案の正式提示を受け、参院で多数を占める野党の対応が焦点となる。同院で第1会派を形成する民主党は、海江田万里代表が28日の会見で、日銀人事を「いたずらに長引かせることはしない。総裁の空白はつくらない」と発言。同党内では黒田氏と中曽氏を容認する考えが広がっているが、夕方に開いた財務金融部門会議では、前原誠司座長(ネクスト財務・金融担当大臣)ら役員に一任されることが決まった。同党では、同部門会議の意見を踏まえて「次の内閣」で賛否を決める予定だ。

一方、金融政策に過度に依存する経済政策運営を疑問視する声もあり、党内では岩田氏に異論を唱える向きもある。海江田代表も会見で、同氏が人事案提示前に安倍晋三首相からの打診に対して受諾する意思を報道陣に明らかにしたことを問題視。「大変ゆゆしきこと」と不快感を示した。もっとも、岩田氏には12議席を有するみんなの党など他の野党が賛成に回るとみられ、仮に民主党が反対しても僅差で同意されるとの見方が出ている。

甘利明経済再生担当相は28日の臨時閣議後の会見で、日銀正副総裁人事について「日本経済は一刻も停滞できない。与野党問わず、日本再生のために是非協力してもらいたい」と野党に協力を求めた。

<日銀新体制、大胆緩和が至上命題>

安倍首相肝入りの新体制は、日本経済の早期のデフレ脱却に向け、首相が掲げる「大胆な金融政策」の実行が至上命題となる。黒田氏は金融緩和に積極的で、元財務官として世界の金融界に幅広い人脈を持つ。為替を中心に市場にも精通しており、「市場との対話」や、世界への政策発信力が期待されている。

岩田氏はリフレ派の論客として知られ、2%の物価目標は金融政策だけで達成可能などと主張し、日銀法改正の必要性にも言及してきた。両氏とも、2%の物価目標は長くても2年程度で達成可能とみており、これまでの日銀の金融政策運営を消極的だと批判している。

中曽氏は、日本経済に金融システム不安が広がった1990年代後半に日銀の信用機構課長として対応に奔走。その後、金融市場局長と国際決済銀行(BIS)市場委員会議長を兼任するなど金融システム、市場取引、国際金融のいずれにも精通している。

黒田氏は、正式に次期日銀総裁候補となったことを踏まえ、3月18日にADB総裁を辞任する意向を表明した。ADBはこれまで歴代総裁を日本人が務めてきており、同ポストを他国に明け渡すような事態になれば、日本のアジアへの影響力の観点から国益に反するとの声もある。麻生太郎財務相は28日、黒田氏の辞任表明を受け、後任について「最適任の人物を、日本から速やかに推薦したい」とする談話を発表。ポスト維持に注力する考えを表明した。

<4月日銀会合で政策大転換の思惑>

日銀の最高意思決定機関である政策委員会は、総裁1人、副総裁2人、審議委員6人の計9人で構成されており、月に1─2回、定例開催している金融政策決定会合において当面の金融政策運営方針などを決定している。新体制下での初回の会合は4月3、4日に予定されており、市場では同日の会合で新機軸を含めた大胆な金融緩和策を打ち出すとの見方が強まっている。

(ロイターニュース 伊藤純夫 基太村真司 吉川裕子;編集 宮崎亜巳)

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below