April 18, 2013 / 12:06 AM / 6 years ago

12年度貿易赤字は過去最大の8兆1699億円、3月赤字も最大

[東京 18日 ロイター] 財務省が18日に発表した3月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は3624億円の赤字となった。赤字は9カ月連続。3月として過去最大の赤字幅を記録した。輸出は2カ月ぶりに増加に転じたが、円安による燃料価格の高止まりが影響し、貿易赤字基調が続いている。

4月18日、財務省が発表した3月貿易統計速報によると、貿易収支は3624億円の赤字となった。赤字は9カ月連続。都内の港湾施設で2月撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

同時に発表した2012年度の貿易収支は8兆1699億円の大幅な赤字となり、比較可能な1979年度以降で過去最大の赤字となった。年度ベースの赤字は1979年度(3兆1278億円)、1980年度(1兆4183億円)、2008年度(7649億円)、2011年度(4兆4220億円)で、今回で5回目。2年連続の赤字は第2次石油危機時の1979年度・80年度以来となる。

<3月輸出は円安で2カ月ぶりに増加、数量ベースでは減少続く>

3月の輸出は前年比1.1%増の6兆2714億円となった。円安で2カ月ぶりに増加した。数量ベースでは同9.8%減と10カ月連続の減少が続いており、輸出持ち直しとはまだいえないようだ。

品目では有機化合物(33.8%増)が増加する一方、映像機器(35.2%減)、自動車(3.4%減)、金属加工機械(15.6%減)などが減少した。

地域別では、中国向け輸出は同2.5%減と2カ月連続で減少した。有機化合物(44.9%増)が増加する一方、自動車(31.8%減)、金属加工機械(35.2%減)が減少した。

米国向け輸出は前年比7.0%増で3カ月連続で増加した。一方、欧州連合(EU)向け輸出は前年比4.7%減と引き続き低調で18カ月連続で減少した。

為替レート(税関長公示レート平均)は1ドル94.08円で、対前年比16.1%の円安だった。

<輸入は3月として過去最大、円安が響く>

3月の輸入は同5.5%増の6兆6338億円、3月として過去最大の輸入額となった。円安による燃料価格の高止まりで5カ月連続で増加した。増加品目は、原粗油(7.0%増)、液化天然ガス(8.8%増)、半導体等電子部品(26.8%増)など。

輸入原油単価は前年比10.5%上昇の6万8403円/キロリットルで、ドルベースでは同4.8%低下の115.6ドル/バレルだった。

ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、3月貿易収支の予測中央値は4938億円の赤字。輸出は前年比0.4%増、輸入は同6.3%増だった。

三井住友信託銀行のマーケット・ストラテジスト瀬良良子氏は「緩やかな円安基調を変えるほどのものではない。一方的なハイペースの円安基調は難しくなったとみるのが無難だろう」としたうえで、「経常黒字を食いつぶしてしまうような大幅赤字がこれから先も続くというイメージではなく、円安効果による経常黒字の縮小ペースがダウンしてくる──これは貿易赤字のペースダウンと裏表の関係にあるが──この着地点が少し見え始めてきた感じだ」とみている。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below