June 13, 2013 / 8:07 AM / 6 years ago

円高時のドル76円に対し今は94円、株価に一喜一憂せず=官房長官

6月13日、菅義偉官房長官は、株価の下落について株式市場の動きを冷静にみて、影響を注視する姿勢を示した。4日撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、きょうの金融市場における株価の下落について、株式市場の動きを冷静にみて影響を注視する姿勢を示した。

ただ経済指標などからみて、景気回復には自信をもっているとし、その動向に一喜一憂しないとした。円高方向の動きについても、過去にドルが76円台まで進行したことを引き合いに、現状についてまだ政権発足時より円安との認識を示した。

菅官房長官は13日の金融市場で株安・円高方向に動いたことについて「円高の際には76円までいったのだから。現在は1ドル94円。安倍政権の発足時に比べたら、株価は4割くらい上がっており、為替もきょうは円高に振れたとはいえ、15円くらい円安になっている。そうした動きは一喜一憂することではない。株価は必ず調整局面があるのだし、実体経済や先行指標は間違いなくよい方向にあり、自信をもって政策を推進していきたい」と述べた。

他方で実体経済に関して「先行指標は改善しており、実体経済には自信を持っている」と強調。「(株価下落については)月例経済関係閣僚では黒田日銀総裁が投資家の利益確定売りが見られるとの報告があった。いずれにしても、株価の動向に一喜一憂することなく政府のやるべきことをやっていく」と述べ、景気が回復している以上、金融市場の動向に神経をとがらせることはないとの姿勢を強調した。

その上で「日銀についても、黒田総裁を信頼しており、さまざまな動きに適切に対応していくれるだろう」と見守る姿勢を示した。

(ロイターニュース 中川泉;編集 田中志保)

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below