Reuters logo
一喜一憂せず、やるべき政策行い状況を注視=株安で菅官房長官
2014年3月14日 / 07:38 / 4年後

一喜一憂せず、やるべき政策行い状況を注視=株安で菅官房長官

[東京 14日 ロイター] -菅義偉官房長官は14日午後の会見で、この日の東京市場で日経平均株価が500円近い下げとなったことについて「株価変動の背景にはウクライナ情勢の不透明感や中国経済の減速懸念があると思う」と指摘、「一喜一憂することなく、やるべき経済政策を行い、状況を注視することが大事だ」と述べた。

3月14日、菅義偉官房長官は午後の会見で、この日の東京市場で日経平均株価が500円近い下げとなったことについて「株価変動の背景にはウクライナ情勢の不透明化や中国経済の減速懸念があると思う」と指摘した。都内で2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

株価下落について菅官房長官は「株価の動きについてのコメントは、市場に無用の混乱を生じさせかねないので控えさせていただきたい」とした上で「重要なのは現在の景気回復を着実に広げていく、まさに経済の好循環を目指すことだと思う。引き続き三本の矢を着実に実行に移すことができるように政府としては注視しながら取り組んでいきたい」とした。

さらに、「外的要因は防ぐことはできないと思うが、わが国の政策は評価されて株価は上昇し続けてきた」と語った。

(石田仁志)

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below