November 14, 2013 / 2:42 AM / 7 years ago

経済の実体良くなっている、円安効果続き輸出は再び持ち直す=官房長官

11月14日、菅官房長官は7─9月期GDP速報値が前期比年率1.9%増となったことに関連して、景気回復の動きは確かなものになると期待していると語った。写真は2010年9月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 14日 ロイター] -菅義偉官房長官は14日午前の会見で、この日発表された7─9月期GDP速報値が前期比年率1.9%増となったことに関連して、景気回復の動きは確かなものになると期待していると語った。

株高が一服しているがとの質問には、株価へのコメントは差し控えるとしたうえで、消費者物価は底堅く、家計の予測インフレ率も上昇基調にあるなどと指摘、「経済の実体は良くなっている」と語った。また輸出の動向に関しては「中国を除くアジア向け輸出が一部新興国の需要減などで減速している」と指摘する一方で、外需全体としては底堅く、円安の効果も引き続きプラスであり、輸出は再び持ち直すだろうとの見方を示した。

内部告発サイトのウィキリークスが環太平洋連携協定(TPP)交渉の条文案とみられる一部文書を公開したことに関しては「政府としてのコメントは控える。交渉の具体的内容に答えることはできない」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below