November 12, 2013 / 7:37 PM / 6 years ago

低インフレ下、金融刺激を恐れる理由ない=米ミネアポリス連銀総裁

11月12日、米ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁は、インフレ率がFRBの目標を大きく下回る状況の中で、超緩和的な金融政策が物価の大幅上昇を招くと懸念する必要はないとの見解を示した。写真はワシントンのFRBで2012年6月撮影(2013年 ロイター/Yuri Gripas)

[セントポール(米ミネソタ州)12日 ロイター] -米ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁は12日、インフレ率が米連邦準備理事会(FRB)の目標を大きく下回る状況の中で、超緩和的な金融政策が物価の大幅上昇を招くと懸念する必要はないとの見解を示した。

総裁は講演で「インフレは依然弱く、歴史的な水準、もしくは年率2%の目標からしても極めて低い状況にあり、金融刺激を恐れる理由はない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below