August 12, 2013 / 12:36 AM / 5 years ago

GDP、名実逆転解消は2012年7─9月期以来=内閣府

[東京 12日 ロイター] - 内閣府が12日発表した2013年4─6月期国内総生産(GDP)は実質が前期比プラス0.6%、名目プラス0.7%となり、名目成長が実質を下回る「名実逆転」が2012年7─9月以来、解消した。

8月12日、内閣府が発表した2013年4─6月期GDPは実質が前期比プラス0.6%、名目プラス0.7%となり、名目成長が実質を下回る「名実逆転」が2012年7─9月以来、解消した。写真は4月、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

アベノミクス効果で内外需ともに堅調に伸び、実質前期比年率では3%近い高い成長となった。

個人消費や外需、公共投資に支えられ、内外需ともプラスに寄与。実質・名目成長とも、3四半期連続でプラス成長となった。

うち個人消費は前期比0.8%と堅調で、株価上昇による資産効果で、高額商品・サービスが支えた。猛暑で夏物衣料やエアコンが好調だった。一方、設備投資は6四半期連続でマイナスとなった。

民需の柱の個人消費が押し上げに寄与したほか、2月に成立した10兆円を超す大型補正予算の執行で公共投資が成長を押し上げた。

輸出は前期比プラス3.0%と2四半期連続で増加した。景気回復基調の米国向け自動車・自動車部品がけん引した。

GDPデフレーターは前期比プラス0.1%と、2012年7─9月期(プラス0.0%)以来、3四半期ぶりに上昇した。前年比ではマイナス0.3%と15四半期連続でマイナスとなったが、マイナス幅は縮小。デフレ状況にさらに改善がみられた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below