July 23, 2013 / 1:37 AM / 7 years ago

デフレ状況に変化、増税必ずしも成長阻害せず=13年度経済白書

[東京 23日 ロイター] - 内閣府は23日、今年度の経済白書(年次経済財政報告)を公表した。今年は「長引くデフレにも変化がみられる」として、従来の「デフレ状況にある」との認識をはっきりと修正した。

7月23日、内閣府は今年度の経済白書(年次経済財政報告)を公表。今年は「長引くデフレにも変化がみられる」として、従来の「デフレ状況にある」との認識をはっきりと修正した。写真は5月、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

そのうえで、現状を「経済の好循環に向け再出発する時」と位置づけた。重要課題として「経済と財政健全化の両立」を挙げ、消費増税を念頭に「諸外国での付加価値税増税は必ずしも経済成長を阻害しない」と分析した。ただし、経済停滞下での増税による悪循環を回避する必要があり、「経済再生と財政健全化の好循環の確立」を目指すためには企業の競争力回復が必要であり、企業のコスト引き下げや規制緩和、人材流動化の促進などの課題を含め、成長戦略を速やかに実行に移す必要があるとした。

<デフレ圧力解消しつつある>

今年の経済白書の特徴は、書き出しから「長引くデフレ状況に変化がみられる」大胆な金融政策と機動的財政政策の効果が早くもデフレ状況の改善をもたらしているとの認識を示した点にある。

日本経済はリーマンショック後に物価下落基調が鮮明となったことから、09年経済白書でデフレへの逆戻りリスクに言及して以来「デフレ状況」との認識を示してきた。今年度は「わが国経済はなお緩やかなデフレ状況が継続しているものの、変化が見られる」として、脱却宣言には至っていないが、「変化が見られる」というはっきりした表現を使っている。

その根拠としてエネルギーや公共料金などを除くベースの「コアコア消費者物価の下落幅が縮小している」ことなどを挙げている。背景として「緊急経済対策への期待や大胆な金融緩和により消費マインドが改善傾向にあり、家計の低価格志向も緩和している。また2012年秋以降、円安方向への動きが進み、輸入物価や企業物価を経由してデフレ圧力が解消しつつある」と分析した。

ただ、景気回復や収益変動に対して賃金変動が抑制されてきただけに、今後、「景気回復と企業収益改善に伴って賃金が上昇するような環境を整備する必要がある」ことを課題を挙げた。

<消費増税でマイナス成長に陥るとは限らず>

こうして景気回復とデフレ脱却に向けた変化が出てきた下で、重要なのは「経済と財政の好循環を確立すること」と指摘。そのために必要な財政健全化に向け、欧州での増税の例を分析した。「付加価値税率を引き上げる国が欧州を中心に増加している」とし、「税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動減が個人消費の変動を増幅させたが、必ずしもマイナス成長に陥るわけではない」と分析した。

ただし、財政状況の悪化に追い込まれての増税実施はマイナス成長をもたらす例が多く、わが国はそうした状況を回避するために、経済再生と財政健全化が好循環をもたらすことを目指すとしている。

歳出面についても切り込みの必要性を挙げ、「給付額が最も大きい年金だけでなく、急速に増加している医療や介護、福祉についても給付の重点化・効率化を行うことが必要」とした。

<成長戦略は、コスト引き下げ・規制緩和・人材流動化>

白書では、現在起きているマクロ経済環境の好転に加え、成長戦略が企業の行動を変化させ、民間企業が競争力を高めていく必要があると指摘。

現状では日本企業の収益性を国際比較すると低下傾向にあり、エネルギーなど高コストの改善や、規制緩和による潜在需要の喚起、高度人材の流動性などの環境整備が必要だとした。

ロイターニュース 中川泉

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below