March 17, 2014 / 6:58 PM / 5 years ago

ロシア大統領、クリミアを主権国家として認める法令に署名=RIA

3月17日、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ南部のクリミア半島を主権国家として認める法令に署名した。写真はモスクワ郊外で5日撮影(2014年 ロイター/Alexei Druzhinin/RIA Novosti/Kremlin)

[モスクワ 17日 ロイター] -ロシアのプーチン大統領は17日、ウクライナ南部のクリミア自治共和国を主権国家として承認する法令に署名した。国営ロシア通信(RIA)が報じた。

ロシア大統領府のウエブサイトに掲載された大統領令は、即日発効。ロシア政府によるクリミア自治共和国の国家承認は「クリミアの人々の意思」に基づくものとしている。

前日に同自治共和国で実施された住民投票では、圧倒的多数の97%でロシアへの編入が支持された。同大統領令は、クリミアのロシア編入に向けた一歩となる可能性がある。

プーチン大統領はクリミア問題について18日、議会上下両院の特別会合で説明する。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below