February 13, 2014 / 5:47 PM / 4 years ago

レッタ伊首相が辞意表明、党の支持失い14日に辞表

[ローマ 13日 ロイター] -イタリアのレッタ首相は13日、自身が属する中道左派・民主党(PD)内で支持を失ったことを受けて辞意を表明した。PDのマッテオ・レンツィ書記長(党首)の首相就任に道が開かれた。

2月13日、イタリアのレッタ首相は、14日にナポリターノ大統領に辞表を提出する意向を表明した。写真はブリュッセルで2013年12月撮影(2014年 ロイター/Yves Herman)

PDはこの日、イタリア経済の低迷脱却を主導する野心的な政権樹立を求めてレッタ首相の辞任を要求したレンツィ氏を支持する考えを表明。

これを受けレッタ首相は、14日にナポリターノ大統領に辞表を提出するとの声明を発表した。

大統領はレンツィ書記長に新政権樹立を要請する可能性が高いとみられている。

レンツィ書記長は党指導部の会合で「イタリアは不透明感と不安定性の中では存続できない。われわれは岐路に来ている」と述べ、イタリアの難局脱出を支援してほしいと訴えた。

レッタ首相は、党として同氏への支持を続けるかどうか自由に決定すべきとして会合を欠席した。

レッタ氏は、経済改革の遅れなどをめぐる批判の高まりを受けて孤立化が深まっていた。

レンツィ書記長は会合で、レッタ首相に辞任を迫り、中道、中道右派との現在の連立の下で新政権の樹立を試みることにはリスクが伴うと認めながら、他に選択肢はないと述べた。

また、現行の選挙制度のままで新たに選挙を行うことはできないと言明。議会の任期が切れる2018年まで持続する政権の樹立を提案し、連立相手の支持を求める考えを示した。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below