Reuters logo
1月貿易赤字は過去最大、輸入の大幅増で初の2兆円台
2014年2月20日 / 00:11 / 4年前

1月貿易赤字は過去最大、輸入の大幅増で初の2兆円台

[東京 20日 ロイター] -財務省が20日に発表した1月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は2兆7900億円の赤字となった。初めて2兆円台を突破し、1979年の統計開始以来最大の赤字を記録した。輸出が停滞する一方、鉱物性燃料輸入の高止まりや4月の消費税率引き上げ前の駆け込み需要で輸入が大幅増加したことが要因。赤字は19カ月連続。

2月20日、財務省が発表した1月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は2兆7900億円の赤字となった。写真は都内の港で1月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

予想を大幅に上回る結果に市場では「ショッキング」(第一生命経済研究所副主任エコノミスト・藤代宏一氏)との声が上がったが、評価は分かれた。

貿易赤字が1兆円を超えるのは今回を含めて7回目だが、これまでの過去最大は2013年1月の1兆6335億円で、3兆円に迫る今回の赤字幅は突出した。財務省では、背景として日本の正月や中国の春節で輸出が停滞する季節要因も否定できない、としている。

例年1月は日本の正月で輸出が停滞する傾向にある。加えて、今年は中国の春節が1月31日で特殊要因が重なった。2月以降も春節の影響が続くかについては「わからない」(財務省筋)としている。

貿易赤字(季節調整値)は前月比44.5%増で、赤字幅が拡大した。

<輸出は11カ月連続増加も伸び鈍化、数量ベースでは4カ月ぶり減少>

この結果、輸出は大幅に鈍化した。輸出は前年比9.5%増の5兆2529億円。11カ月連続で増加したが、伸び率は1桁に沈んだ。数量ベースでも前年比0.2%減と4カ月ぶりに減少した。

品目別では自動車(13.9%増)、有機化合物(25.1%増)、鉱物性燃料(55.1%増)などが増加した。

地域別では、中国向けが同13.1%増と10カ月連続で増加した。有機化合物(39.6%増)、自動車(115.7%増)、鉄鋼(37.6%)などが増加した。米国向け輸出は前年比21.9%増で13カ月連続で増加。欧州連合(EU)向けは前年比20.2%増で、8カ月連続で増加した。

為替レート(税関長公示レート平均)は1ドル104.53円で、対前年比20.2%の円安だった。

<輸入は過去最大の8兆円台>

輸入は同25.0%増の8兆0429億円で、統計開始以来の過去最大に膨らんだ。増加は15カ月連続。増加品目は、原粗油(28.1%増)、液化天然ガス(21.4%増)、半導体等電子部品(57.3%増)などだった。

輸入原粗油単価は前年比21.7%上昇の7万4600円/キロリットルで、ドルベースでは同1.2%上昇の113.5ドル/バレルだった。

<市場予想上回り「ショッキング」との声、評価はまちまち>

貿易赤字額は市場予想を大幅に上回り、「ショッキングな数字」(第一生命経済研究所の藤代氏)との声があがった。

ただ、評価はまちまち。藤代氏は予想外の輸入の大幅増加の背景には「内需の強さを示している面もある。悪いことと決めつけるのは早計」とし、「株式市場を大きく動かす材料にはならない」とした。

一方、大和証券チーフマーケットエコノミストの永井靖敏氏は「円安が輸出増に結び付かないことがほぼ確認された。日本製造業の海外現地生産が進んでいることから、円安効果が効きにくい構図。日本経済の自律回復は難しいかもしれない」と指摘。市場への影響では「輸出を基点とした景気回復シナリオが崩れるという観点で、株安要因。需給相場を強める債券相場をサポートすることになるだろう」と見通した。

ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、予測中央値は2兆4890億円の赤字。輸出は前年比12.6%増、輸入は同21.8%増だった。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below