Reuters logo
ソフトバンクがLINE株取得に関心と報道、親会社ネイバー「売却計画ない」
2014年2月25日 / 01:47 / 4年後

ソフトバンクがLINE株取得に関心と報道、親会社ネイバー「売却計画ない」

[ソウル/東京 25日 ロイター] - 韓国の検索サイト大手ネイバー(035420.KS)は、日本子会社であるLINEの株式を売却する計画はないと明らかにした。これに先立ち、ソフトバンク(9984.T)がLINE株の一部取得を目指しているとの報道が流れていた。

2月25日、韓国の検索サイト最大手ネイバーは、日本子会社であるLINEについて、ソフトバンクから株式取得の正式な提示を受けていないと述べた。写真はLINEのアイコン。2012年8月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

ブルームバーグ・ニュースは、1人の関係者の話として、ソフトバンクの創業者、孫正義氏が株式取得に関してLINEと協議したと伝えた。

報道を受け、25日にネイバーの株価は8%以上上昇。ネイバーのIRチームの担当者は「報道には根拠がない。われわれはソフトバンクとの協議を一切行っていない」と述べ、報道を否定した。「株式を売却する理由はなく、売却の計画もない」との見方を示している。

LINEも「そのような事実はない」(広報)と報道を否定した。

ソフトバンクは「憶測についてはコメントしない」(広報室)と述べたが、複数の同社関係者は報道を否定している。

ブルームバーグはまた、LINEがこれ以外にも、会社全体もしくは一部に対する買収提案を少なくとも1件受けたため、新規株式公開(IPO)の準備を遅らせている、とも伝えた。

LINEは今年、東京か国外での上場を検討しており、時価総額は100億ドル規模になる可能性もある。

*LINEのコメントなどを追加し、再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below