March 12, 2014 / 5:37 AM / 5 years ago

アベノミクス、いつまでも成功続ける保証ない=シラー・イエール大学教授

[東京 12日 ロイター] - 2013年のノーベル経済学賞を受賞したイエール大学のロバート・シラー教授は12日、都内で講演し、安倍晋三首相と10日面会し、政権の経済政策アベノミクスに感銘を受けていると話した。

3月12日、2013年のノーベル経済学賞を受賞したイエール大学のシラー教授は都内で講演し、市場は人々の心理に依存するためアベノミクスの成功がいつまでも続く保証はないと述べた。写真は昨年10月、コネティカット州で撮影(2014年 ロイター/Michelle McLoughlin)

しかし市場は人々の心理に依存するためアベノミクスの成功がいつまでも続く保証はない、と指摘。映画が大ヒットするかどうか100%確信を持てないのと同様だ、と述べた。また、中央銀行は経済を安定化させうるが、その力には限界があると述べ、日銀の異次元緩和に過度に依存した政策の脆弱性を暗に示唆した。

シラー教授は個人投資家向け講演会に出席。バブルでの高値つかみを避けるには、流行に惑わされず割安銘柄を自分で発掘することと強調した。バブルは一つの流行と指摘。20世紀前半に米国で鉄道バブルが発生し破裂したが、鉄道産業自体はその後も生き残りむしろ安定的な収益を挙げていると述べた。

ただバブルは渦中にいると認識が難しく、1989年に日本の投資家は株価が10%上がるとみていたが、米国の投資家は8%下落すると予測していたと指摘。「日銀がバブルを崩壊させたとされるが、私は同意しない。バブルは自滅した」との見解を示した。

アベノミクスについて、「個々の政策は目新しくないかもしれないが、組み合わせた点が珍しい」と評価。「長期低迷の続いた日本が自信を取り戻したことで株価が上昇したが、どのような人間であろうと一貫して人々の心理をコントロールしていくことはできない」と述べた。

(竹本能文 編集:吉瀬邦彦)

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below