for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾空軍機が緊急発進、中国機29機が防空識別圏に侵入

[台北 22日 ロイター] - 台湾は21日、中国軍機29機が台湾の防空識別圏に侵入したため、台湾空軍機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。

台湾は、中国軍機29機が台湾の防空識別圏に侵入したため、台湾空軍機が緊急発進したと発表した。写真は中国と台湾の国旗。4月28日撮影(2022 年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration/File Photo)

中国軍機の侵入はここ2年ほどの間に頻繁に起きるようになっている。

台湾政府は、中国が台湾付近で軍事行動を繰り返すことについて、台湾軍機を度重なる緊急発進で消耗させるとともに、台湾の反応を試すことを目的とした「グレーゾーン」戦争だと批判している。

台湾国防部(国防省)によると、飛来した中国軍機には、戦闘機17機と爆撃機6機のほか、空中給油機なども含まれていた。

発砲はされておらず、台湾の領空は飛行していない。

国防部が示した地図によると、一部の中国軍機は東沙諸島の北東を飛行した。

一方、戦闘機と電子戦機、情報収集機は台湾とフィリピンの間のバシー海峡上を通過して太平洋上空に入った後、同じルートで中国に戻った。

台湾は警告のため戦闘機を発進させ、ミサイルシステムで監視を行ったという。

台湾の呉釗燮外交部長(外相)は22日、中国軍による大規模演習は同国による軍事的脅威が「これまでになく深刻」であることを示していると指摘。「台湾は大国のいじめに対し主権や民主主義を決して放棄しない」とツイッターに投稿した。

米国務省報道官はロイターに対し、中国は「台湾への軍事、外交、経済的な圧力や脅しをやめるべきだ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up