July 6, 2020 / 9:56 AM / a month ago

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の意向

7月6日、台湾の外交部(外務省)は、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(写真)が台湾を訪問する場合は歓迎すると述べた。英サマセットで2015年7月撮影(2020年 ロイター/Dylan Martinez)

[台北 6日 ロイター] - 台湾の外交部(外務省)は6日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が台湾を訪問する場合は歓迎すると述べた。

中国はダライ・ラマ14世を危険な分離独立分子と見なしており、訪問が実現すれば中国の猛反発は必至とみられる。

ダライ・ラマ14世が前回台湾を訪問したのは2009年。ダライ・ラマ14世は6日に85歳の誕生日を迎えるにあたり、台湾の支持者に宛てたビデオメッセージで「政治的状況の変化に伴い、再び台湾を訪問することができるかもしれない。何が起ころうとも、私の心はあなた方と共にある」と述べ、台湾訪問への意欲を示した。

台湾外交部の報道官は、台湾政府はダライ・ラマ14世からの入国要請をまだ受けていないとしたが、受けた場合は関連規則に基づいて対処するとした上で、相互尊重の原則に従い歓迎するとの意を表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below