April 30, 2020 / 10:15 AM / a month ago

第1四半期の台湾GDP、前年比1.54%増 4年ぶり低い伸び

4月30日、台湾主計総処が発表した第1・四半期の域内総生産(GDP)速報値は前年比1.54%増と、約4年ぶりの低い伸びとなった。台北で1月撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 30日 ロイター] - 台湾主計総処が発表した第1・四半期の域内総生産(GDP)速報値は前年比1.54%増と、約4年ぶりの低い伸びとなった。

新型コロナウイルスの感染拡大でエレクトロニクス製品の輸出が低迷した。

2016年第1・四半期の0.09%減以降で最低となり、ロイターがまとめた市場予想の1.6%増を若干下回った。昨年第4・四半期は3.31%増だった。

第1・四半期は新型コロナの影響で個人消費が低迷。海外からの観光客が50%以上減ったことも響いた。

ただ半導体・通信製品など「域内生産の大きな押上げ」により、新型コロナの感染拡大やサプライチェーン混乱の影響が相殺されたという。

台湾は新型コロナ対策が比較的成功を収め、完全な都市封鎖には踏み切っていないが、当局は経済の不透明感を繰り返し指摘している。今月には、今年の経済成長率の予想を2月時点の2.37%から1.3-1.8%に下方修正した。

ただ一部のアナリストは、外需の急減で域内の消費と雇用が大きな打撃を受け、今年の景気後退は回避できないと予想している。

S&Pグローバル・レーティングは29日、台湾の経済成長率を今年マイナス1.2%、来年プラス4%と予測した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below