for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾輸出受注、10月は予想以上の減少 中国ゼロコロナ政策が重し

 台湾経済部が21日発表した10月の輸出受注は予想を大幅に上回る減少となった。写真は基隆の港で1月撮影(2022年 ロイター/Ann Wang)

[台北 21日 ロイター] - 台湾経済部が21日発表した10月の輸出受注は予想を大幅に上回る減少となった。物価高と利上げを受けた個人消費の低迷が背景。経済部は中国のゼロコロナ政策堅持が見通しに影を落としていると指摘した。

10月の輸出受注は前年比6.3%減の554億ドル。2020年1月(12.8%減)以来の大幅な減少となった。アナリストの予想は1%減少、9月は3.1%減少だった。

品目別では電気通信製品が前年比0.3%減少。一方、電子機器は9.6%増加した。

国・地域別では中国からの受注が前年比26.7%減。前月比でも9%減少した。中国政府がゼロコロナ政策を堅持し、主要工業地域で生産に支障が出ている。

米国からの受注は前年比1.2%増。前月の2.8%増から鈍化した。

欧州は4.3%増、日本は8.5%増加した。

経済部は、米欧のホリデーシーズンや東アジアの来年1月の旧正月に向け、電子製品などの需要増が見込まれるものの、世界的なインフレや金利圧力が依然高い上、ウクライナ戦争、中国のゼロコロナ政策が経済見通しを不透明にし、輸出受注に影響を及ぼす可能性があると指摘した。

11月の輸出受注は前年比14.5─17.6%減少と予想した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up