July 20, 2020 / 10:12 AM / 16 days ago

台湾輸出受注、6月は2年ぶり大幅増 在宅勤務関連需要が押し上げ

[台北 20日 ロイター] - 台湾経済部が発表した6月の輸出受注は、新型コロナウイルスの世界的流行を受けたラップトップコンピューターなどの在宅勤務関連製品の需要拡大が寄与し、約2年ぶりの大幅な伸びとなった。

6月の輸出需要は前年比6.5%増加の410億ドル。4カ月連続の増加で、伸び率は5月(0.4%増)や市場予想(1.2%増)を上回り、2018年8月以来の高水準となった。

経済部は、半導体やテレワーク関連の強い需要、スマートフォンなど電子製品の受注拡大が6月の輸出受注を押し上げたと説明した。電子製品の輸出受注は前年比23.9%増だった。

経済部統計当局の高官は、在宅勤務関連製品への需要は今後数カ月で鈍化する可能性があり、米中の貿易を巡る対立も悪影響を及ぼす恐れがあると指摘した。

経済部は7月の輸出受注を前年比0.6%減─3.1%増と予想した。

6月の輸出受注は、米国からが前年比13.6%増加(5月は8.6%増)、中国が13%増(5月は2.7%増)、欧州は10.8%増、日本は5.2%減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below