for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾企業、EU域内で先進半導体を生産せず=経済部長

 4月28日、台湾の王美花・経済部長(経済相)は28日、台湾ハイテク企業が欧州連合(EU)域内で先進半導体を生産することはないと発言した。また、受託生産最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は最先端の半導体を台湾で生産することを重視していると述べた。写真はTSMCのロゴ。台湾の新竹市で1月撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[台北 28日 ロイター] - 台湾の王美花・経済部長(経済相)は28日、台湾ハイテク企業が欧州連合(EU)域内で先進半導体を生産することはないと発言した。また、受託生産最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は最先端の半導体を台湾で生産することを重視していると述べた。

EUは、今後10年にわたって最先端半導体を確保する戦略目標の達成に向け、世界的な半導体メーカーに対し域内に大型工場の建設を呼び掛けている。

王部長は記者団に「TSMCは、最先端の技術を主に台湾で(生産)すると繰り返し主張している。台湾とEUの協力のあり方については複数の企業が準備や検討を進めており、さらに協議することが可能だ」と述べた。

EUのブルトン欧州委員(域内市場担当)は、米半導体大手インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)、TSMC欧州部門のマリア・マルセド社長と30日に会談する予定だが、ブリュッセルの関係筋によると、同委員は業界トップと目されるTSMCの誘致に力を入れている。

TSMCのコメントは取れていない。

王氏は、この問題について「過去1─2週間」EUと直接の協議は行っていないとしながらも、「EUとの協議では産業の協力が常に重要な議題となっている。半導体だけではなく、幅広い産業の協力だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up