for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日台与党、半導体分野の全面協力で一致

[台北 24日 ロイター] - 自民党と台湾の民主進歩党(民進党)は24日、オンライン会議を開催し、半導体分野の「全面協力」で一致した。定期的に協議を開催することでも合意した。台湾の立法委員が明らかにした。

会議には自民党、民進党の幹部それぞれ2人が出席。

民進党の邱志偉立法委員は記者団に、半導体は日本の産業の問題だけではなく、中国を念頭に置いた安全保障の問題でもあると指摘。

「今後、半導体のサプライチェーンで一層協力することで合意した。日台が重視する半導体などの産業で全面協力する完全な枠組み、システムが構築される」と述べた。

日本側は、半導体などの分野で耐性のあるサプライチェーンを協力して構築する必要性で一致したと述べた。

民進党の羅致政立法委員は、定期的に対話を行うことでも合意したと発言。日本側も台湾の包括的・先進的環太平洋経済連携協定(CPTPP)加盟を支持することを再確認した。

羅致政立法委員によると、軍事問題は協議されなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up