April 28, 2014 / 1:01 AM / 5 years ago

台湾が第4原発の建設を凍結、住民が反原発の大規模デモ

 4月27日、台湾の与党・国民党の報道官は、新北市北部に位置する第4原子力発電所の建設を凍結することを明らかにした。写真は台北市内で原発計画の撤回を求めてデモを行う人々(2014年 ロイター/Pichi Chuang)

[台北 27日 ロイター] - 台湾の与党・国民党の報道官は27日、記者団に対し、新北市北部に位置する第4原子力発電所の建設を凍結することを明らかにした。

現地では反原発の世論が高まっており、週末には台北市内で原発計画の撤回を求めた数万規模のデモが行われた。

同報道官によると、馬英九・総統が与党議員と会談し、安全検査の完了後も1号機を稼働させないことを決めた。報道官は、2号機の建設も即座に中止されるとも述べた。

馬総統は25日、第4原発稼働の是非を問う住民投票の即時実施を求める野党側の要求を拒否したが、原発稼働の前にはそうした住民投票を実施するとも表明していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below