for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾南東部で強い地震、建物倒壊や列車脱線の被害 余震も

[台北市 18日 ロイター] - 台湾南東部で18日午後、マグニチュード(M)6.8の地震が発生し、列車が脱線したほか、コンビニエンスストアが倒壊するなどの被害が発生した。

気象局によると、震源地は台東県。同県では17日夜にもM6.4の地震があった。この地震による死傷者はなかった。

米地質調査所によると、震源の深さは10キロという。

その後も余震が発生し、北部の台北でも揺れが感じられたという。

消防当局によると、花蓮県玉里では倒壊したコンビニの建物に2人が閉じ込められたが救出された。また、車が損壊した橋から転落し、救助された3人が病院に搬送された。

また台湾鉄路管理局によると、東部の東里駅ではホームの屋根の一部が崩れ、車両3両が脱線。消防によると、1人が負傷したという。

米太平洋津波警報センターは、地震発生後、台湾に津波警報を出したが、その後解除した。日本の気象庁も沖縄県の一部に津波注意報を発令した。

南部の台南市と高雄市にある主要な半導体工場は操業に影響はないという。

世界最大の半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は「今のところ重大な影響は確認していない」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up