for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾、TPP参加申請に向け加盟各国と協議中=外交部

台湾外交部(外務省)は、環太平洋連携協定(TPP)参加に向け、既存の参加11カ国と非公式協議を進めており、協議を終えた段階で正式に申請を行う意向を示した。写真は、2018年3月8日にチリのサンチャゴで行われたTPP11の合意セレモニーの様子。(2020年 ロイター/Rodrigo Garrido)

[台北 14日 ロイター] - 台湾外交部(外務省)は、環太平洋連携協定(TPP)参加に向け、既存の参加11カ国と非公式協議を進めており、協議を終えた段階で正式に申請を行う意向を示した。

台湾は世界貿易機関(WTO)に加盟しているが、多くの国は中国の反発を懸念して台湾との貿易協定締結に慎重で、台湾は多国間協定への参加拡大を模索している。

TPPは米国の離脱を受けて11カ国が2018年に署名。「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」に改名された。

台湾外交部は13日夜の声明で、CPTPPの手続きによると、参加を希望する新メンバーは申請前にまず既存メンバーと非公式協議を行い「コンセンサスに至る」必要があると指摘。

非公式協議を現在進めており、メンバー国は「参加に向けたわれわれの決意と対応を既に明確に理解している」とし、反応はかなりポジティブとの見方を示した。

その上で「全てのメンバー国との非公式協議が完了した段階で、われわれは手続きに沿って参加申請を正式に提出する」と表明した。時期の見通しは明らかにしなかった。

CPTPPには中国も参加意欲を示しており、台湾にとって障害となる可能性がある。

中国の習近平国家主席は11月、CPTPPへの参加を「積極的に検討する」と表明した。その数日前には日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など15カ国が東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定に署名した。台湾はRCEPに参加していない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up