for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾TSMC、欧州工場の具体的な建設計画「現時点でない」

 半導体受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の劉徳音会長(写真)は8日、年次株主総会で、欧州に工場を建設する具体的な計画は現時点ではないと述べた。2017年4月撮影(2022年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 8日 ロイター] - 半導体受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の劉徳音会長は8日、年次株主総会で、欧州に工場を建設する具体的な計画は現時点ではないと述べた。

欧州の顧客数は世界の他の地域より少ないと指摘。顧客のニーズを主に考慮しつつ、さまざまな地域で拡張計画を検討しているとした。

欧州連合(EU)は域内に工場を建設するよう台湾への働きかけを強めている。台湾とEUの当局者は先週、半導体分野での協力について協議した。今年2月にはEUは「欧州半導体法案」を公表、台湾を「志を同じくするパートナー」と呼び、協力を強化していく姿勢を示した。

半導体が世界的に不足し、特に自動車産業への影響が大きい中、企業と各国政府は対応を加速させている。TSMCは米国の半導体工場に120億ドルを投入、日本ではソニーグループと合弁で工場を建設する。

劉会長は、TSMCの工場は今年も引き続き「フル稼働の状態」としたほか、現在の世界的な高インフレは半導体産業に直接的には影響しないとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up