for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

防衛で他国に依存せず、米のコミットは歓迎=台湾総統

台湾の蔡英文総統は5日、台湾の防衛について他国に依存することはないとする一方、台湾の安全保障に対する米国のコミットメントを歓迎すると述べた。9月撮影(2022年 ロイター/Ann Wang)

[ワシントン 5日 ロイター] - 台湾の蔡英文総統は5日、台湾の防衛について他国に依存することはないとする一方、台湾の安全保障に対する米国のコミットメントを歓迎すると述べた。

ワシントンを拠点とするシンクタンク、グローバル・タイワン・インスティテュート(GTI)で、バイデン政権と米議会が「台湾の安全保障に対する米国のコミットメントを守っている」とし、最近の兵器提供に謝意を表明。「しかし、われわれは自分たちの防衛のために他国に依存することはしない」とした。

その上で「私は台湾がわれわれの安全を守り、民主的な暮らしを維持することに全面的にコミットしていることを改めて表明する。また、われわれが直面している脅威の変化にわれわれの防衛戦略を適応させるよう取り組んでいる」と語った。

台湾はこの日、中国機8機が中央線を越えたと発表。蔡総統は、これらの作戦は「台湾の主権を侵し、インド太平洋地域の平和と安定を脅かす」と非難した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up