December 24, 2015 / 5:27 AM / in 4 years

高浜原発の再稼働認める、福井地裁が仮処分覆す 大飯も差し止め却下

[福井市 24日 ロイター] - 関西電力(9503.T)高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた今年4月の仮処分に対する関電からの異議申し立てについて、福井地裁(林潤裁判長)は24日、4月の判断を覆し、関電の主張を認める判断を示した。この結果、高浜原発は今冬にも再稼働することがほぼ確実になった。

 12月24日、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた今年4月の仮処分に対する関電からの異議申し立てについて、福井地裁(林潤裁判長)は、4月の判断を覆し、関電の主張を認める判断を示した。2012年1月撮影(2015年 ロイター /Issei Kato)

福井地裁は、関西電力が「新規制基準の内容と原子力規制委員会の基準適合性判断に不合理な点はないと主張を尽くした」と認定。今年4月に、樋口英明裁判長(当時)は新規制基準について、「合理性を欠く」として、再稼働差し止めの仮処分の住民請求を認めていた。

住民側が差し止め請求をしていた関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)についても請求を却下。大飯3、4号はまだ原子力規制委の審査に合格しておらず、再稼働が切迫していないため、差し止めの必要性はないことが理由という。

<福島事故に学ばずと住民側>

差し止め請求した住民側弁護団らは、福井市内で記者会見した。河合弘之弁護士は「福島第1原発事故に何ら学ぼうとしない極めて不当な判決だ」などと批判した。高浜3、4号機について今後、速やかに名古屋高裁金沢支部に抗告する考えを示した。大飯3、4号については、新規制基準への合格判定が出た時点で再度、差し止め仮処分を申し立てる方向だ。

<高浜3号、1月下旬にも再稼働へ>

関電は同日、「安全性が確保されていることについて理解いただいた」とコメントした。高浜3、4号は、今月22日までに「地元同意」が成立。大飯3、4号は規制委の審査が続いている。今回の決定により、関電は明日25日に3号機の原子炉に燃料を搬入し、来年1月下旬に再稼働させたい考え。4号機は2月下旬の再開を目指している。

<異議審の決定、元裁判官からは批判も>

元裁判官として、裁判所、裁判官の実態を告発した「ニッポンの裁判」(講談社現代新書)などの著書がある明治大学法科大学院の瀬木比呂志教授は、今回の決定について「基本的に新規制基準に適合していれば、それで問題ないという書き方で疑問がいろいろある」とロイターの取材で述べた。

4月の樋口裁判長の決定では、各地の原発で過去に何度もそれを超える地震が起こっている基準地震動設定の問題や、基準地震動に満たない地震でも外部電源の喪失や主給水ポンプ破損のおそれがあることについて言及している。

瀬木教授は、「そうしたことを始めとする多くの問題点を今回はどうクリアしたのか、この決定からはわからない」と指摘したうえで、「樋口決定は、書き方にはやや粗い点もあるが、大筋からいえば今回の決定よりもずっと説得力がある」と強調した。

*内容を追加しました。

浜田健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below