for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

四半期開示見直し、企業は長期的視点が重要なため=高市自民政調会長

 10月12日、自民党が8日に公表した衆院選公約に関し高市早苗政調会長(写真)は、記者会見を行い、企業業績の四半期開示見直しを公約に盛り込んだことについて、企業の人材・研究投資には長期的視点が必要なためと説明した。写真は9月都内での代表撮影(2021年/ロイター)

[東京 12日 ロイター] - 自民党が8日に公表した衆院選公約に関し高市早苗政調会長は12日、記者会見を行い、企業業績の四半期開示見直しを公約に盛り込んだことについて、企業の人材・研究投資には長期的視点が必要なためと説明した。

四半期開示の見直しは投資家からすると開示情報の削減にならないか問われ、高市氏は「岸田総裁がとても力を入れているのが『新しい資本主義』で、株主だけでなく従業員や取引先、消費者、社会への貢献などについて企業は検討が必要」と指摘。その上で「企業も長期的な視点も大事」とし、「短期的に利益をあげることだけ考えると、長期的な人材・研究開発投資ができない」との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up