December 28, 2018 / 8:36 AM / in 3 months

高島屋の3─11月期営業益は10%減、日本橋店などへの投資かさむ

[東京 28日 ロイター] - 高島屋(8233.T)が28日発表した2018年3─11月期連結決算(日本基準)は営業利益が前年比10.7%減の193億円にとどまった。9月に開業した日本橋高島屋ショッピングセンター(SC)などへの投資がかさんだ。

売上高に当たる営業収益は前年比1.6%増の6595億円となった。訪日外国人(インバウンド)需要や堅調な個人消費が、主力の百貨店売上高を支えた。

2019年2月期の業績予想は据え置いた。営業利益は前年比12.2%減の310億円を見込んでいる。

会見した村田善郎常務は「世界経済の先行きは不透明で、今後の業績は楽観視できない」と慎重な見方を示した。

インバウンド需要については「自然災害の影響で一時的に出足が鈍ったが、今は予想を上回る状況にある」という。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below