January 9, 2020 / 12:06 AM / 16 days ago

タカタ、最大規模のリコール 米でエアバッグ部品1000万個を対象

 1月8日、タカタが米国で交換用エアバッグのインフレーター1000万個をリコール(回収・無償修理)することが明らかになった。写真は米ミシガン州オーバーンヒルズで、2015年5月撮影(2020年 ロイター/Rebecca Cook)

[8日 ロイター] - タカタが米国で交換用エアバッグのインフレーター1000万個をリコール(回収・無償修理)することが8日、明らかになった。自動車の安全に関連したリコールでは史上最大規模となる。

リコール対象となるのは欠陥エアバッグを交換するために一時的に提供されたインフレーターで、未搭載のものも含まれる。複数の自動車メーカーは既に、一時的な交換用インフレーターを恒久的なものに切り替えるために追加リコールを開始している。

これとは別に、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は乾燥剤を使用しているタカタ製エアバッグ・インフレーターについて数千万個規模の追加リコールを命令する必要があるかどうかについて検討している。また、タカタ製インフレーターを搭載した600万台余りの車のリコール回避を求めるゼネラル・モーターズ<(GM)GM.N>の申し立てについても審査を進めている。

GMはこれまで、このリコールを実施すれば12億ドルのコスト負担を強いられる可能性があるとしている。

今回のリコール公表に先立って、米国ではインフレーターが異常破裂する恐れがあるタカタ製の欠陥エアバッグ5600万個の交換のため、4160万台の車がリコール対象となっている。

全世界でタカタ製欠陥エアバッグに関連した死者数は25人以上、負傷者数は290人以上と報告されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below