for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品株が続落、流通担うコロナワクチンに異物混入の報告

[東京 26日 ロイター] - 武田薬品工業が続落している。同社が流通を担う米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が26日、複数の接種会場から異物の混入があるとの報告があったとして、約163万回分の接種を見合わせると発表し、嫌気する動きとなっている。

厚労省や武田薬品工業の発表によると、モデルナにこれら異物の詳細や、原因に関する緊急調査を依頼し、モデルナが調査中という。対象となるワクチン以外は使用前に変色、異物の混入など異常がないかを目視で確認した上で接種を実施する。

厚労省は、使用見合わせによる代替品の供給は、武田と連携して対応し、ワクチン接種への影響を最小限にするよう努めるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up