January 7, 2019 / 3:58 AM / 17 days ago

大衆薬事業の売却は最優先事項ではない=ウェバー・武田社長

 1月7日、武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長(写真)は、記者会見し、大衆薬事業の売却は同社にとって最優先事項ではないと語った。写真は都内で昨年7月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 7日 ロイター] - 武田薬品工業(4502.T)のクリストフ・ウェバー社長は7日、記者会見し、大衆薬事業の売却は同社にとって最優先事項ではないと語った。

ウェバー社長は同時に、日本以外でパフォーマンスのよくない事業もある、との見方を示した。

ウェバー社長は昨年11月、報道各社のインタビューで、非中枢分野の事業売却を加速する考えを示していた。

武田は7日、アイルランドの製薬大手シャイアー(SHP.L)の買収の対価の一部として、普通株式約7億7000万株を発行すると発表した。払い込み金額は1株7601円。現物出資財産の価格は約5兆8550億円となる。

梅川崇 日本語記事編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below