May 8, 2019 / 1:27 AM / in 4 months

タンザニアがキリマンジャロにケーブルカー計画、ガイドらは反発

 タンザニアは観光客誘致を目指し、アフリカの最高峰であるキリマンジャロにケーブルカーを設置する方針を打ち出した。すでに、中国などの企業と交渉に入っているという。2009年12月10日撮影(2019年 ロイター/Katrina Manson)

[ダルエスサラーム(タンザニア) 7日 ロイター] - タンザニアは観光客誘致を目指し、アフリカの最高峰であるキリマンジャロにケーブルカーを設置する方針を打ち出した。すでに、中国などの企業と交渉に入っているという。

キリマンジャロに登る人は年間5万人前後だが、カニャス観光次官はロイターに、ケーブルカーを設置すれば登山が無理な人も訪れることができ、50%の観光客増加が見込める可能性があると述べた。

そのうえで、現在可能性のあるルートについて「実行性を調査している。中国の企業1社と西側のある国の企業1社が関心を示している」と説明した。環境影響調査も行われる予定。

走行距離については、費用や技術面の問題によって多くの選択肢が検討されている段階で、まだ詰めていないという。

一方、観光客の登山案内を手がけるガイドやポーターの団体は、ケーブルカーの設置で登山客が減る恐れがあるとして計画に反発。あるポーター団体の代表は、登山客は通常1週間かけて登っており、「米国から1人登山客がくれば、13人のポーター、およびガイドと料理人が1人ずつ付いて、最大15人が動員される可能性がある。ケーブルカーが設置されれば、これらの仕事がすべて影響を受ける」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below