Reuters logo
米上院共和党の税制改革案、下院案と相違 法人税減税先送り
2017年11月9日 / 23:12 / 8日後

米上院共和党の税制改革案、下院案と相違 法人税減税先送り

[ワシントン 9日 ロイター] - 米上院共和党が近く公表する税制改革法案は、法人税率の引き下げや個人向け減税の扱いが、先に下院共和党が提示した改革案と大きく異なる見通し。共和党関係者らが9日、明らかにした。

 11月9日、米上院共和党が近く公表する税制改革法案は、法人税率の引き下げや個人向け減税の扱いが、先に下院共和党が提示した改革案と大きく異なる見通し。2016年10月撮影(2017年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

上院財政委員会の議員関係者らによると、上院案は法人税率を20%に引き下げる時期を1年先送りするほか、個人事業主に新たな法人税率を設定する代わりに税控除を可能にする内容となっている。また、個人所得税の最高税率を39.6%から38.5%に引き下げる一方で7つの所得区分を維持するとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below