January 12, 2016 / 11:24 PM / 5 years ago

第4四半期の世界PC出荷は10.6%減、過去最大の落ち込み=IDC

 1月12日、調査会社IDCが発表した2015年第4・四半期の世界パソコン(PC)出荷台数は、前年同期比10.6%減少した。調査開始以来、最大の落ち込みとなった。写真はロンドンのPC専門店。2013年1月撮影(2016年 ロイター/Neil Hall)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 調査会社IDCが12日発表した2015年第4・四半期の世界パソコン(PC)出荷台数は、前年同期比10.6%減少した。調査開始以来、最大の落ち込みとなった。

IDCによると、モバイル機器との競争が激化したほか、パソコンの耐久性が向上したことで需要が低迷している。また、前年に低コストPCが人気を集めた反動も出たという。

別の調査会社であるガートナーは下落率は8.3%だったとしている。

IDCによると、第4・四半期のPC世界出荷総台数は7190万台。第3・四半期と比べれば若干増加したものの、前年同期比では過去最大の下落率となった。

PC出荷台数はすべての地域で減少。米国は前年同期比4.3%減少した。

世界シェアをみると、中国のレノボ・グループ(聯想集団)(0992.HK)が21.4%で首位。米ヒューレット・パッカード(HP)(HPQ.N)が19.9%、デルが14.1%で続いた。

米国シェアでは、HPが28.1%で首位。デルが23.9%で2番手につけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below