for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

発売3週間の「iPad」、中国では海賊版が出回る

 4月26日、米アップルのタブレット型パソコン「iPad」(写真)が米国で発売されて3週間経ったが、中国ではすでに「海賊版iPad」が売られている。写真は本物。3日撮影(2010年 ロイター/Robert Galbraith)

 [深セン/上海 26日 ロイター] 米アップルAAPL.Oのタブレット型パソコン「iPad(アイパッド)」が米国で発売されて3週間経ったが、中国ではすでに、ネット上や店頭で「海賊版iPad」が売られている。

 アップルは先に、予想を上回る需要で品薄になっているiPadの米国以外での発売を1カ月延期すると発表していえるが、香港と隣接する深センの電気街などでは「海賊版iPad」を見付けることができる。

 小さな店が軒を並べるこの電気街では、アップルの携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)」や薄型ノートパソコン「MacBook Air(マックブック・エア)」から、米マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」まで、多くの海賊版ハイテク商品が出回っている。

 ある店員が薄暗い奥の部屋で見せてくれたのは、本物よりも重くて厚みがあり、形もやや細長い「海賊版iPad」。大きなiPhoneのようにも見えるが、USBポートを3個搭載し、OSはウィンドウズで動く。価格は2800元(約3万8000円)と、499─699ドル(約4万7000─6万6000円)で販売される本物より若干安い。店員は「これは最初の未完成バージョンに過ぎない。最終的には、ずっといいコピーを工場で作れるようになる」と語った。

 中国のネット販売大手「淘宝網(タオバオ)」のサイトでも、中国製を謳った「海賊版iPad」が2800元前後で売られている。

 こうした動きについて、北京を拠点とする調査会社アナリシス・インターナショナルの最高経営責任者(CEO)、エドワード・ユー氏は「中国の巨大な人口を考えれば、iPadにとって海賊版は悪いことだとは思わない」と指摘。「クローンiPadは、より多くの潜在的なユーザーに外観や雰囲気を伝える役割を果たすだろう」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up