for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シャープが太陽電池の新ラインを堺で稼働へ、150億円投資

 12月1日、シャープが結晶型太陽電池の新しい生産ラインを堺工場に建設すると発表した。都内の家電店で昨年10月撮影(2010年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 [東京 1日 ロイター] シャープ6753.Tは1日、結晶型太陽電池の新しい生産ラインを大阪府堺市の工場に建設すると発表した。投資額は150億円で、新技術を採用した単結晶太陽電池を年産200メガワットの規模で量産する。

 2010年度内の稼働を予定。これによりシャープの結晶型太陽電池の生産能力は、既存の奈良県葛城市の工場(年550メガワット)と合わせて年間750メガワット規模になる。

 堺工場には、新型の単結晶の太陽電池でセルからモジュールまでの生産を計画。単結晶の新技術は、セル表面の電極を裏面に配置することで受光面積を広げるととも、セル間の接続抵抗を低減して高効率にした。新型の単結晶太陽電池のモジュール変換効率、当初は17%台で始め、最終的に20%を目指す。現状は14―15%程度だという。堺工場での結晶太陽電池の量産は1期目として2本のラインを設置する。ただ、今後の結晶系の増産計画については未定という。

 一方で、薄膜型太陽電池は、イタリアのエネル社ENEI.MIなどとの合弁工場が2011年後半に稼働する予定。当初の生産能力は年160メガワットで投資額は3.89億ユーロになる。これによりシャープの薄膜型太陽電池の生産能力は、既存の葛城工場(年160メガワット)、堺工場(同160メガワット)と合わせて同480メガワット体制になる見込み。

 大西徹夫・常務執行役員(ソーラー事業統轄)は同日の記者会見で「太陽電池事業は、結晶・薄膜の両輪戦略を進める」との方針を改めて示した。同社は、太陽電池の世界需要について、09年度に8.4ギガワットだったのに対し、12年度には18.4ギガワットまで拡大するとみている。結晶型・薄膜型の需要動向では、09年度に比べて結晶型が1.9倍、薄膜型が3.6倍になるとの見通しを示した。

 シャープの今期の太陽電池の販売計画は1.3ギガワット。大西常務は「今期の世界需要は13ギガワットで、シャープの世界シェアは10%になるが、全体の伸びに対して今のポジションは維持していきたい」と語った。

 (ロイター日本語ニュース 村井 令二)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up