for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シャープ、台湾AUOを液晶特許侵害で米ITCに提訴

 1月25日、シャープが台湾AUOを液晶特許侵害で米貿易当局に提訴した。都内の家電店で2009年10月撮影(2011年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 [東京/台北 25日 ロイター] シャープ6753.Tは25日、台湾の液晶パネル大手、友達光電(AUO)2409.TWが液晶パネルなどの特許を侵害したとして、米国国際貿易委員会(ITC)に提訴したと発表した。

 AUO製の液晶パネルと液晶モジュールなどの米国への輸入と同国内での販売の差し止めを求めている。また、米デラウエア州地方裁判所には、特許侵害に対する損害賠償をAUOに請求する訴えも起こした。シャープは損害賠償の請求金額について明らかにしていない。

 ITCには24日(米国時間)に提訴。AUO製の液晶パネル、同モジュールを搭載したテレビメーカー6社にも米国への輸入と販売差し止めを求めている。シャープによると、6社は三洋電機6764.T、韓国LG電子066570.KS、台湾・明基電通(BenQ)2352.TW、中国の海爾集団(ハイアール)1169.HKとTCL000100.SZ、米ビジオ。「それ以外のメーカーでもAUO製のパネル、モジュールを搭載していることが確認されれば提訴を考えている」(シャープ広報)としている。

 AUO側はロイターに対し、シャープによる提訴について「当社は第三者の知的所有権を尊重すると同時に、当社の知的所有権を他社が尊重することを期待している。当社と当社顧客の利益は守る意向だ」とコメントした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up