for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾の友達光電、特許侵害で韓国サムスン電子を反訴

 [ウィルミントン(米デラウェア州) 28日 ロイター] 台湾の大手液晶パネルメーカーである友達光電(AUオプトロニクス)2409.TWは28日、韓国のサムスン電子005930.KSが液晶パネル技術の特許を侵害しているとして、デラウェア州の地方裁判所に反訴した。

 同社はまた、特許を侵害している技術を使用したテレビやモニター、ノート型パソコン、携帯電話、タブレット型コンピューターなどを販売したとして、米通信大手AT&TT.N、家電小売り大手ベスト・バイBBY.N、家電量販店ブランズマートUSAを提訴した。

 友達光電は、特許侵害の禁止や損害賠償を求めている。

 サムスン電子は今月初め、友達光電が液晶パネルに関する特許を侵害しているとして、国際貿易委員会(ITC)と連邦裁判所に提訴した。

 サムスン電子は声明で「サムスン電子は、他社の知的所有権を尊重することにコミットしている」と表明。その上で、「しかしながら、他社が当社に対する根拠のない特許侵害を申し立てた際には、権利と顧客を保護するため積極的な対応を取る」としている。

 AT&Tの広報担当、マーク・シーゲル氏は、訴訟についてまだ確認していないとしてコメントを拒否した。ベスト・バイもコメントを拒否。ブランズマートはコメントを求めた取材に返事をしていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up