for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノーテル特許競売で敗れたグーグル、円周率の入札額に他社困惑

 7月1日、ノーテル・ネットワークスの持つ特許権の競売が6月27日の週に行われたが、グーグルによる不可解な入札額に他社は困惑している。写真はチューリヒで昨年5月撮影(2011年 ロイター/Arnd Wiegmann)

 [ニューヨーク 1日 ロイター] 2009年に経営破綻したカナダの通信機器大手ノーテル・ネットワークスの持つ特許権の競売が6月27日の週に行われ、米アップルAAPL.Oなど6社の企業連合が落札したが、競売に参加したグーグルGOOG.Oは、例えば19億0216万0540ドル、26億1497万2128ドルなどの不可解な額で入札した。

 数学の達人ならこれらの入札額をブルン定数、Meissel-Mertens定数と認識できるかもしれないが、直接的な知識を持つ3人の関係筋によると、入札に参加した多くの人々がグーグルの提示額に戸惑っていたという。

 関係筋の1人は「グーグルは数字とも言えないような数字で入札していた。彼らが地球と太陽の距離の数字で入札していたことが明らかになり、ある入札では有名な数学の定数の合計で、30億ドルに到達したときには、円周率で入札した」と語り、そのときの入札額が31億4159万ドルだったことを明らかにした。同筋は「自信満々だったのか、うんざりしていたかのどちらかだ」と指摘した。

 ライバルを困惑させたかったのか、おじけづかせたかったのか、単に社風を示したかったのか、グーグルがどのような戦略を採っていたのかは定かではないが、理由は何であれ、そうした悪ふざけも奏効しなかった。

 競売では、アップル、米マイクロソフトMSFT.O、加リサーチ・イン・モーション(RIM)RIM.TO、米EMCEMC.N、スウェーデンのエリクソンERICb.ST、ソニー6758.Tが45億ドルで6000件以上のノーテルの特許(出願中も含む)を獲得した。

 取得額は一部のアナリストの予想の3倍以上に上り、無線通信技術の宝庫を何としても手に入れてグーグルの野心を砕きたいというライバル社の意向の強さを裏付けた。

 関係筋らによると、入札は4日間、計20回にわたり、当初は2つのコンソーシアム(企業連合)を含む5グループが参加した。

 グーグルは入札結果について「がっかりした」と表明している。

 競売ではラザードLAZ.Nがノーテルの、ジェフリーズが債権者のアドバイザーを務めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up