for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国サムスン、マイクロソフトやインテルとの協業発表

 [28日 ロイター] 韓国サムスン電子005930.KSは28日、米マイクロソフトMSFT.Oや米インテルINTC.Oとの協業を相次いで発表した。

 マイクロソフトとの間では、「ウィンドウズフォン」の開発およびマーケティングに関する新契約に署名するとともに、広範な特許技術を相互提供するクロスライセンス契約の締結で合意した。

 スマートフォン(多機能携帯電話)分野で、サムスンはこれまで、米グーグルGOOG.Oの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した機種の提供で世界シェアを伸ばしてきた。

 今回のマイクロソフトとの合意の背景として、専門家の間では、グーグルによるモトローラ・モビリティMMI.Nの買収を契機に、アンドロイドへの依存を抑えたいとのサムスン側の意向が働いたとみられている。

 これに先立ち、オープンソースのソフトウェア開発を手がけるリナックス・ファウンデーションとリモ・ファウンデーションは、サムスンとインテルが主体となり、モバイル端末向けの新たなオープンソースOS「ティゼン」の開発で協業すると発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up