for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドコモ、09年内に高機能端末の品ぞろえを10種程度に拡大

 9月29日、NTTドコモの山田社長は2009年内に高機能端末の品ぞろえを10種程度に拡大する考えを示した。写真は7月撮影(2008年 ロイター/Michael Caronna)

 [東京 29日 ロイター] NTTドコモ9437.Tの山田隆持社長は29日、都内で会見し、パソコンの機能などを盛り込んだ高機能の携帯電話端末「スマートフォン」の品ぞろえについて、2009年内に10機種程度に拡大するとの考えを示した。

 日本市場でも高機能端末へのニーズが高まるとして、08年度内の6機種から拡大させる。

 ドコモは同日、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)RIM.TO製「ブラックベリー」の最上位機種「ボールド」を09年1―3月期に発売すると発表。音楽・映像機能を充実させたほか、高速データ通信(HSDPA)や無線LANへの対応を進め、パソコン向けのホームページ閲覧や大容量データの送受信を従来に比べ容易にし、個人への売り込みを図る。

 ドコモが今後導入するスマートフォンでは、米マイクロソフトMSFT.Oのモバイル端末向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズモバイル」や、米グーグルGOOG.Oの同「アンドロイド」を搭載した機種や、フィンランドの携帯電話機大手ノキアNOK1V.HEのスマートフォンなどを含む見通し。アンドロイド搭載端末は「来年前半に導入したい」(山田社長)とし、これまでアップルと交渉してきたアイフォーンの日本での販売については「あきらめていない」と、従来通りのスタンスを示した。

 日本の携帯電話市場は飽和しつつあるが、山田社長は記者団に対し「(今後)伸びるのは法人と2台目(需要)」と語り、ビジネス機能の充実したスマートフォンの品揃え拡大を通じ、法人への売り込みを強化する考えも示した。法人顧客はドコモの総回線数の10%程度だが、山田社長はこれを20%程度に高めたいとした。

 スマートフォンをめぐっては、ソフトバンク9984.Tが7月に米アップルAAPL.Oの高機能端末「アイフォーン(iPnone)3G」を日本市場で発売したことを契機に、個人消費者からの認知が高まっている。ただ、ドコモやソフトバンクだけでなく、KDDI9433.Tや、イー・アクセス9427.Tグループのイー・モバイルも、スマートフォンを導入する方針で、競争激化が見込まれる。ドコモでは、09年度のスマートフォン市場の規模を150万─200万台程度と見ている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up