for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オリンパス、有報の虚偽記載めぐり損害賠償金43億6000万円で和解

 12月26日、オリンパスは2012年までの有価証券報告書などで虚偽記載があったとして機関投資家1社から損害賠償請求を受けていた問題で、同日、和解が成立したと発表した。写真はオリンパスのロゴ。本社で2012年6月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 26日 ロイター] - オリンパスは26日、2012年までの有価証券報告書などで虚偽記載があったとして機関投資家1社から損害賠償請求を受けていた問題で、きょう、和解が成立したと発表した。同社は損害賠償金43億6000万円を特別損失に計上するが、2015年3月期連結業績の修正は現時点ではないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up