for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハチソン、テレフォニカから英携帯O2を買収 

 1月22日、関係筋が明らかにしたところによると、スペイン携帯電話大手テレフォニカは、英子会社O2のネットワークを、香港の複合企業ハチソン・ワンポア(和記黄埔)に売却することで合意した。写真はテレフォニカのロゴ。マドリッドの旗艦店で2014年11月撮影(2015年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード/香港 23日 ロイター] - 香港の複合企業ハチソン・ワンポア(和記黄埔)0013.HKは、スペイン携帯電話大手テレフォニカTEF.MCは、英子会社O2を買収することで合意した。買収額は最大102億5000万ポンド(154億ドル)。

ハチソン率いる香港の富豪、李嘉誠氏は欧州通信市場での展開を加速する。

ハチソンは英国ですでにスリー・モバイルを展開している。携帯第2位のO2買収は、李氏にとって過去最大の買収案件となる。英国での通信事業者再編が一段と進むことになる。

香港市場でハチソン株は短時間、売買停止となった後、2.95%高で引けた。

買収額は92億5000万ドルで、事業統合後、一定のキャッシュフロー目標が達成されれば10億ドルを追加で「利益分配」する。

ハリソンは買収額のうち60億ポンドを銀行融資で調達、このほか30%強の出資を求めてプライベートエクィティなどと交渉しているという。

アナリストは、今回の英国での買収を受け、次はイタリアへの拡大が目標になるとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up