for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米当局がグーグル提訴を一時提言、独禁法めぐる和解前に=報道

[サンフランシスコ 19日 ロイター] - 米グーグルGOOG.Oの反トラスト(独占禁止)法違反を調査していた連邦取引委員会(FTC)は、2013年に違反はなかったとの最終判断を下して調査を終了したが、その前年には訴訟提起を提言する内部報告書を作成していたことが明らかになった。19日付の米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が報じた。

FTCの競争局スタッフが作成した内部報告書は、グーグルが検索結果を改善するため、競合するウェブサイトから違法に情報を入手し、ウェブサイトや広告主に制限を設けたとしている。

グーグルは声明で、FTCは長期にわたって調査を行ったうえで、検索結果表示の操作はなかったとの最終判断を下したと指摘。「消費者や競合他社に損害を与えかねないという見解は結果的に完全に間違っていたということだ」としている。

FTCは、この報道についてコメントはないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up