for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク傘下のスプリント和解、ネクステルめぐる集団訴訟で

 3月31日、ネクステルをめぐる集団訴訟でスプリントが和解に応じた。写真はニューヨークの同社店舗前で2012年12月撮影(2015年 ロイター/Andrew Kelly)

[31日 ロイター] - 米携帯電話事業会社スプリントS.Nによる2005年のネクステル買収に絡み、金融面の影響について投資家を誤解させたとして、スプリントや同社の元最高経営責任者(CEO)などを相手どり投資家らが起こしていた集団訴訟で、スプリント側が和解に応じ、1億3100万ドルを支払うことで合意した。

原告らは、スプリントと同社のゲリー・フォーシー元CEOらがネクステル買収後に持ち上がった問題を隠蔽(いんぺい)し、2006年10月から2008年2月にかけてスプリント株と債券価格を不正につり上げたと主張していた。

スプリントからのコメントは得られていない。スプリントは現在、ソフトバンク9984.Tの傘下企業。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up