for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤフーとブックオフが渋谷に新店舗、ヤフオク出品受付窓口を設置

 9月26日、ヤフーとブックオフは、渋谷にヤフーオークションの出品受け付け窓口を設置した新店舗をオープンした。写真はヤフーのサイト。2009年8月撮影(2014年 ロイター)

[東京 26日 ロイター] - ヤフー4689.Tとブックオフコーポレーション3313.Tは26日、東京・渋谷にヤフーオークション(ヤフオク)の出品受け付け窓口を設置した新店舗をオープンした。商品を持ち込み、必要事項の記入と身分証明書の提示だけで、出品手続きが完了する。

出品作業や落札後の梱包・発送などの手間を代行することで、インターネットオークションに縁がなかった層を取り込みたい考えだ。

新たに開店したのは「ヤフOFF!フラッグシップストア 渋谷センター街」。ブックオフ店舗をリニューアルオープンした。受け付けるのは落札見込み額が5000円以上の商品。出品手続きはスタッフが行い、出品者は落札代金に応じて25─45%の手数料を支払う。手数料を差し引いた金額が銀行に振り込まれる。

ヤフーの宮坂学社長はオープニングイベントで「環境問題などを考えると、これからリユース(再利用)の比率は絶対に上げないといけない。まったく新しい層にリユースというライフスタイルを取り入れてもらう、その第一歩をこのお店から広げていきたい」と語った。

ヤフーとブックオフコーポレーションは今年4月、リユース市場の拡大を目的に資本・業務提携を締結している。

志田義寧

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up