for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サファイアガラス製造停止へ、GTアドバンストがアップルと和解

 10月23日、米GTアドバンストはアップルと和解したことを明らかにした。写真は「アイフォーン6」(右)と「6プラス」。ニューヨークで9月撮影(2014年 ロイター/Adrees Latif)

[23日 ロイター] - 米GTアドバンスト・テクノロジーズGTATQ.PKは、経営破綻をめぐり、サプライヤー契約を結んでいたアップルAAPL.Oと和解したことを明らかにした。今後はサファイアガラスの製造を停止し、サファイア製造機器提供に注力していく考え。

GTアドバンストは今月、連邦破産法第11条を申請。同社はアップルの「iPhone(アイフォーン)」のスクリーン向けサファイアガラスを製造する契約となっていたが、新型アイフォーンには同社製サファイアは採用されなかった。

GTの破産申請をめぐる詳細は、GTとアップルの契約にある守秘義務条項を理由にほとんど明らかになっておらず、両社の関係悪化などが取り沙汰されていた。

この日の合意によって、すべての守秘義務は解除される。また、アップルがGTアドバンストに支払っていた費用4億3900万ドルを利息なしに回収する手順がまとめられる。

GTアドバンストはアリゾナ、マサチューセッツ両州のサファイア製造工場を閉鎖する。今後も知的財産権は保有し、制限なくサファイア製造技術を提供していくことができる。

GTアドバンストは、アップルと今後も「技術交換」を続けていくことを明らかにしつつも、将来のアップルとの関係については踏み込まなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up