for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップルiOS攻撃に米警告、個人情報盗難被害の恐れ

 11月13日、米当局はアップル「iOS」への攻撃で個人情報が盗まれる恐れがあると警告した。写真はサンフランシスコで2013年1月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[13日 ロイター] - 米当局は13日、米アップルAAPL.Oのモバイル機器向け基本ソフト「iOS」のぜい弱性につけこんだハッキング攻撃により、個人情報などが盗まれる恐れがあると警告した。

米国家サイバーセキュリティ・通信統合センターと米コンピュータ緊急事態対策チーム(US─CERT)によると、ソフトウエアのぜい弱性につけこんだ「マスクアタック(Masque Attack)」と呼ばれる攻撃により、iOSを利用する端末に保存されているログイン情報や個人情報などが盗まれる恐れがある。

こうした被害は、アップルが運営するアプリケーション配信サイトの「アップ・ストア」など以外からアプリをダウンロードしなければ防げるとしている。また、iOSが警告を発したら、直ちにアプリのダウンロードを中止する必要があるとしている。

この件に関してアップルからコメントは得られていない。

サイバーセキュリティ会社のファイア・アイFEYE.Oは10日、iOSにぜい弱性について警告していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up